ブログトップ

Esquisse

leboutis.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パリの手芸店 その他

b0314817_445499.jpg

これまでの記事で紹介した手芸店は、パリの中心部にある素敵な手芸店ですが、普段使うような道具、手芸材料を買うときは、かわいい素敵な手芸店とは真逆の、まったく色気のない店に行きます。

モンマルトルはMarché Saint-PierreやReineが大きくて、大抵のものは揃います。
同じ並びには、coupon(クーポン)と呼ばれる、あらかじめ3Mくらいにカットされた布を売る店が何軒かあって、いつ行っても、かなりごった返してます。ワゴンに積まれた布を、みんな真剣に選んでいて、何を作るのか気になるところ。
趣味として刺しゅうやキルトなどをやっている人の数は、フランスより日本のほうが圧倒的に多いと思うのですが、フランスでは、多少のシミや傷などを自分で直したり、古い服やバッグをリフォームしたりする人が多いので、
リフォーム材料を探しに来ているのかなぁなんて想像しながら、私も毎回ワゴンをひっくり返して見ています。

ほかにも小さいお店がたくさんあり、通りごとに、なんとなく同じようなものを扱う店が並んでいます。
インテリア生地の店、ダンス用の生地の店、ボタンやコード類の店といった具合。
一見、パーティーグッズの店かな?という雰囲気の店の奥にリボンや糸がズラリと並んでいたりして、毎回新たな発見があり面白いのですが、小さいお店は閉店してしまうこともよくあるようで、先週まであった店がない!ということがありました。
なので、買いたいものはそのときに買う。また来週来ようかなと思っていると、閉店してしまうかもしれないので。

この辺りは決して治安のよいエリアではないので行かれる方は、スリなどにご注意ください。
土日は特に、モンマルトル周辺は、祭りでもあってるのか?と思うほどの混雑です。

ほかに色気のない手芸店というと、
週末に立つマルシェには大抵、1、2軒、針や糸、スナップボタンやリボンなど、普段使うようなものだけを売っている店があります。
ワゴンにザッと入れてある中から発掘するのですが、比較的安く買うことができます。
[PR]
by meg_oo | 2014-05-22 03:39 | フランスの手芸店

パリの手芸店 2区

無事帰国しました。
帰国して10日くらい経つのてすが、頭がぼーっとする感じがなかなか取れません。年々、時差ぼけがひどくなっています。

先月はブログを更新する時間がなかったので、これからしばらく、フランスでのことをまとめます。

2区の手芸店のメモ。

Maison SAJOU
47, rue du Caire 75002 Paris
ここは、パリで最も素敵な手芸店のひとつかと。日本でも人気ですよね。
すべてがかわいくて、何時間もいたくなります。ハサミや糸巻きがとくに素敵です。
b0314817_18261750.jpg

b0314817_18261816.jpg


Des fils et une aiguille
1, rue Chabanais 75002 Paris
京子食品や、日本食レストランもたくさんあるrue des Petites Champsから、ちょっと入ったところ。
刺しゅうがメインのお店。刺しゅうのキットや材料、自分で刺しゅうを刺すためのリネンのリボンなどが揃ってます。
奥の本棚には刺しゅうの本もあります。
b0314817_18262087.jpg


Ultramod
3 et 4, rue de Choiseul 75002 Paris
ここはアンティーク感が素敵な人気店で、日本人の店員さんもいます。
向かい合って2軒お店があり、片方には、布、ボタン、糸、リボンなど。
もう片方には、帽子の材料や道具、コードがたくさん。グログランリボンは色も幅も充実してます。
b0314817_1826221.jpg

b0314817_18262429.jpg

[PR]
by meg_oo | 2014-05-20 14:05 | フランスの手芸店